桜堂 食の知恵袋 No,11 「薬膳・夏の養生について②」

【食:No.11】

 

今日は「薬膳・夏の養生について②」をお伝えします。
 
 
「心(心臓)」を守り、「脾(胃腸)」の働きを低下させない。
 
湿度に加えて本格的な暑さが加わるこの季節。
 
自然界にあるエネルギーが盛んになり、カラダは熱の影響を受けてカラダには大きな負担がかかります。
 
これを薬膳では【暑邪】といいます。
 
暑さが増すこの季節は、消化吸収に関わる「脾(胃腸)」と「心(心臓)」が弱りやすくなります。
 
カラダの中にこもった熱を発散し、気を補うことで夏バテしないカラダ作りへと繋がります。
 
 
◆暑邪でおこる主な症状
 
□発熱
 
□熱射病
 
□多汗
 
□脱水症状
 
□息切れ
 
□動悸
 
□疲労
 
□夏バテ
 
□肌や髪のパサつき
 
 
◆この季節の過ごし方
 
・カラダの熱を冷まし、水分代謝をあげる
 
・消費したエネルギーを補う
 
・塩分を補う
 
 
 
◆カラダの熱を冷ましてくれ、利水を促す食材【清熱】
 きゅうり・トマト・ナス・レタス・小豆・はと麦
 
 ゴーヤ・チシャ・シソ・ミョウガ・セロリ
 
 枝豆・インゲン豆・アオサ・マンゴー・アサリ・ししゃも・コーヒー
 
 
 
◆気のエネルギーを補う【建脾】
 
・豆類・穀物類
 
 粟・米・とうもろこし・さつまいも・ジャガイモ・山芋
 
 大豆・ひよこ豆・空豆・枝豆・ぶどう・人参・ほうれん草・ブロッコリー
 
 鱧・鯖・鯛・牛肉・レバー
 
 大量の汗をかくことで、自然とエネルギーが消費されエネルギー不足になりがちです。
 
 豆類・穀物類は胃腸の機能を高め、消費したエネルギーを補ってくれます。
 
 
 
 
◯注意すること
・甘いもの・冷たいものの摂りすぎは胃腸の消化吸収に負担がかかります。
 
 取りすぎには引き続き注意しましょう。
 
・食欲がないと感じた時は無理をして食べないことも大切です。
 
 胃腸が弱っているサインかもしれません。
 
 夏バテしないようにと無理して食べてしますと逆効果。
 
 ゆっくり胃腸を休めてあげることも時には必要です。
 
 次の季節を迎えるための体内の準備をする、ことが薬膳です。
 
 ご自身のカラダの声を聞いて、毎日の食生活の小さな意識をかえ、生かしてもらえたら嬉しいです。
 
 夏の養生を取り入れてみて下さいね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■SAKURA_BIZ

ママ起業家のはじめのハジメ(有料コミュニティ)

 

 

こちらは、¥980/月の有料コミュニティ。

月1回のゲストや洋子さんのライブ、グルコンでは

コーチングを活用した心が整うワークでご機嫌になれます。

他、不定期ライブ、朝活&週イチ夜活開催中。

※初月お試し無料参加可能

 

 

 

イベントご案内

 

■心も醸す発酵料理教室「sakura_Lab」

次回はステップ2が9月スタートになります。

(間もなく募集がはじまります。)

発酵ごはんとおやつを楽しむライフワークプロジェクトです。

 

 
25723_yme5nte3yjq4yzuzy
 
心も醸す発酵料理教室『sakura_Lab』Basicコース ステップ2
詳 細 
 
 
 

25723_zdm5zdjlotyxzwe2n

発酵扉 詳細はこちら
 

食べることは生きること」

桜堂は発酵を生活への取り入れ方を発信し続けています。

いま新型ウィルスコロナの影響で「免疫力をあげる」ことに注目されています。
健康は腸活からはじめる。腸活をすることで免疫力も高まり、あたまも良くなるとも言われています。
様々な点からの腸に良いことがあります。
なかでも日本の伝統食材「麹」を使った発酵食品。
発酵したものの中でも胃酸に負けることなく腸にダイレクトに効く唯一の食材は「麹」。
どのように取り入れたら有効的なのか。
どんな体に良いことがあるのか。
この発酵調味料をどのように調理に使う良いのか。
楽に楽しめるコツをお伝えします。
 
今回は麹で発酵させる「甘酒」「塩麹」「醤油麹」
一気にご紹介する特別なレッスンです。
 
25723_mzzmowrmymqymwrly
年間2000円で発酵調味料の作り方が学べる Lico-Life 詳 細はこちら