桜堂 食の知恵袋 免疫力を上げる食事とは

【食:No13】
#桜食の知恵袋
 
免疫力を上げる食事とは
 
免疫力とは。
 
体内に潜入した細菌やウイルスなど、異物を攻撃し排除する「外的に対する基本的抑制力」と言われます。
 
免疫力が低下すると、感染症にかかりやすくなるだけでなく、がんなどの病気を発症するリスクも増えてしまいます。
 
病気だけでなく免疫力の低下によって血行が悪くなると、新陳代謝も低下して美容の面にも悪影響が現れることがあります。
 
そして免疫力は加齢や過剰なストレス、生活習慣などによって低下するとされています。
 
食事を中心として免疫力をアップするヒントを連載でお伝えします。
 
 
【第1回:免疫力の60〜70%は腸にある】
 
私たちが生きていくために必要な食事。
 
その食べ物を消化・吸収し、排泄するのが腸です。
 
食べ物には、有害な病原菌やウイルスが付着している危険性もあります。
 
そうした有害なものが体の中に侵入することを防ぐため、腸には免疫力が備わっている必要があります。
 
つまり腸内環境を良好に保つことで、免疫力の低下を防ぐことができるのです。
 
腸内細菌のバランスを整えるヨーグルト、漬物、味噌といった発酵食品や、食物繊維、オリゴ糖は、免疫を担当する細胞のバランスを改善すると考えられています。
 
また、食物繊維をエサとして増える酪酸菌も、酪酸を生成して腸の粘膜を修復し、免疫機能を高めてくれます。
 
さらに、トマトやリンゴ、お茶などに含まれるポリフェノール類、青背魚に多く含まれるEPAなどのn-3系不飽和脂肪酸も、炎症を抑えることなどで、腸における免疫力に大きくかかわってきます。
 
 
まず、免疫細胞を活性化させるためには、たんぱく質が必要です。
 
細胞の主成分となるのがたんぱく質だからです。
 
ビタミンAやビタミンEも、細胞の免疫機能を保持するといわれています。
 
さらに、亜鉛やセレン、銅、マンガンなどのミネラル類も、免疫細胞を保護するために必要です。
 
これらは「微量ミネラル」と呼ばれ、私たちの体には必要不可欠な栄養素です。
 
とくに悪者にされがちなコレステロールも、免疫力を高めるためには欠かせません。
 
免疫力が高まるためには、古い細胞から新しい細胞に入れ替わらなければいけませんが、そのためには、細胞膜の材料となるコレステロールが必要だからです。
 
では、どんな食事を心がければ免疫力を高めることができるのでしょうか。
 
次回 食材についてお伝えしていきます。
 
 
 
 
 

◆◇桜堂のお料理教室情報がチェックできるサイトはこちら◇◆

 

桜堂HP&メルマガ登録
https://sakuradou39.com/

 

桜堂cooking公式LINE
https://lin.ee/dOZrchX


桜堂cookingインスタグラム
https://www.instagram.com/sakuradou.cooking


〈現在募集中のレッスン〉


◆発酵料理教室 sakura_Lab STEP2
 https://peraichi.com/landing_pages/view/sakuralab2021basic

 

 公式LINE 桜堂 大林洋子
 https://lin.ee/dOZrchX