『頑張る』の本当の意味

『頑張る』の本当の意味

つい気軽に「がんばって!」
と使ってしまいます。

がんばるの本当の意味
辞書で引くと

===

1 困難にめげないで我慢してやり抜く。

2 自分の考え・意志をどこまでも通そうとする。我 (が) を張る。

3 ある場所を占めて動かないでいる。

===

がんばって、やり抜く
我を張る
動かないでいる

なんだか、いい空気が伝わってきません。

私は(がんばんなきゃ)と心に浮かぶと
(ちょっと待て、それ本当にやりたいこと?)
(自分のミッションにつながってる?)
と、ふと考えます。

息子が4歳のとき。
スポーツ幼稚園に通っていました。
年度末に大きな大会があり、
数名だけが選ばれます。
2才児から入園した子が選ばれるなか
(幼少期の1年の差は大きいですね)
3歳児入園の彼は選ばれることはないのです。
それでも、選ばれたくて!!!
年中さんは一度も休むことなく登園しました。
そして、1年が終わる時“やっぱり”選ばれず
その日の夜、ぐっすり眠ってたのに突然目が覚め
『ママーーーもう頑張り方が分からない』
そう言いながら泣きじゃくりました。

私はその日以来13歳の今まで彼に
【がんばって】と言ったことは一度もありません。

彼は
・生きることは楽でない
・努力は報われるばかりではない
・がんばっても常に評価はついてこない

それを、とっても知っています。

そんな彼に私は常に
【目的を決める】
その大切さを伝え続け
体現しています。

目的を明確にすると
努力に価値が生まれます。
目的に近づく日々はワクワクします。

今の私は

・努力をし続けてきた
・努力は報われてきた

だから今私は
【努力を楽しんでいる】
そしてこれからも努力をし続けます。
その姿を彼に届けている毎日です。

私のこれからの展望
がんばれる【目的】をお伝えできる機会をいただきました。
今年も、このイベントからスタートです。

ぜひお越しください。

オフライン・オンラインの同時開催です。
一緒に登壇する
大槻成弘 さん、上岡良子さんのお話も
かなり楽しみです。

=====

2022年煌めく自分を創りだす
持続可能エネルギー自家発電会

〜もう一人で頑張らなくていいんだよ〜

◼︎日時:2022年1月 8日(土) 14:00〜17:00

◼︎形式:対面リアル受講 & オンライン受講
・対面受講は感染症対策から「限定40名」とさせていただきます

◼︎会場:渋谷駅直結
https://fanmake-writing.com/?page_id=5829